The狙い撃ち★広島球団専

このブログは広島東洋カープ球団の情報をまとめたブログです


    小園 海斗(こぞの かいと、2000年6月7日 - )は、広島東洋カープに所属する兵庫県宝塚市出身のプロ野球選手(内野手)。右投左打。 逆瀬台小1年時に宝塚リトルで野球を始め、光ガ丘中では枚方ボーイズでプレー、3年時に全国優勝を経験。同期には藤原恭大がいた。侍ジャパンU-15に選ばれ、松山で行われ
    11キロバイト (1,123 語) - 2019年11月8日 (金) 15:21



    (出典 auctions.c.yimg.jp)


    可哀想かな..

    1 風吹けば名無し :2019/11/08(金) 21:35:30.79

    小園海斗
    800万→1000万
    中村奨成
    800万→800万→700万

    参考
    根尾昂
    1500万→1500万


    【【悲報】中村奨成と小園海斗 他球団の同期との差..】の続きを読む


    小園 海斗(こぞの かいと、2000年6月7日 - )は、広島東洋カープに所属する兵庫県宝塚市出身のプロ野球選手(内野手)。右投左打。 逆瀬台小1年時に宝塚リトルで野球を始め、光ガ丘中では枚方ボーイズでプレー、3年時に全国優勝を経験。同期には藤原恭大がいた。侍ジャパンU-15に選ばれ、松山で行われ
    11キロバイト (1,123 語) - 2019年11月8日 (金) 15:21



    (出典 www.shop.carp.co.jp)


    もっとあげてやれよ…

    1 ひかり ★ :2019/11/08(金) 21:49:49.49

     広島・小園海斗内野手が8日、キャンプ地・宮崎県日南市のチーム宿舎で初の契約更改交渉に臨み、200万増の1000万円でサインした。(金額は推定)

     今季は6月20日・ロッテ戦でプロ初打席初安打をマークするなど58試合に出場し、打率・213、4本塁打、16打点。高卒1年目から1軍の舞台で多くの経験を積んだ。

     小園は今季を振り返り、「すごくいい経験をさせてもらった。1軍で58試合も出させていただいたのは感謝しかないです。これから結果を求めないといけない」と気を引き締め直した。

    デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191108-00000124-dal-base
    ハツラツとノックを受ける小園(撮影・飯室逸平)

    (出典 i.daily.jp)


    【【野球】小園海斗 初の契約更改交渉は200万プラス!】の続きを読む


    中村 奨成(なかむら しょうせい、1999年6月6日 - )は、広島県廿日市市出身のプロ野球選手(捕手)。右投右打。広島東洋カープ所属。 小学1年から少年野球クラブ「大野友星」で野球を始め、3年から捕手に転向。廿日市市立大野東中学校3年時には軟式野球のチーム「大野シニアベースボールクラブ」のメンバ
    8キロバイト (809 語) - 2019年9月28日 (土) 11:19



    (出典 img.tokyo-sports.co.jp)


    来年は怪我せず二軍の試合出ることから!

    1 風吹けば名無し :2019/11/08(金) 00:08:50

    広島・中村奨成捕手が7日、キャンプ地・宮崎県日南市のチーム宿舎で契約更改交渉に臨み、100万減の700万円でサインした。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191107-00000127-dal-base


    【【悲報】中村奨成 減俸..】の続きを読む


    菊池 涼介(きくち りょうすけ、1990年3月11日 - )は、東京都東大和市出身のプロ野球選手(内野手)。右投右打。広島東洋カープ所属。 中学生時代まで東大和市で暮らした後に、長野県塩尻市にある武蔵工業大学第二高等学校へ進学。在学中のポジションは三塁手だったが、春夏ともに全国大会へ出場できなかった。
    34キロバイト (4,035 語) - 2019年11月6日 (水) 10:36



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    通用するのか!?

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/11/08(金) 17:19:14.31

    プロ野球の広島が8日、菊池涼介内野手のポスティング申請を容認することを決めたと発表した。

    【写真】菊池涼 ゴルフ場で“大物”釣った

     数日前に本人からポスティング申請の要望があった。今後、球団がNPBに申請手続きをする。米国移籍が実現しなかった場合は球団は残留を受け入れるとした。

     鈴木球団本部長は「彼は今まで球団に多くの貢献をしてくれた。彼のチャレンジを尊重したい」とコメントした。

     菊池涼は昨年12月にポスティング制度を利用し、米大リーグに挑戦する希望を球団に伝えていた。会見で「野球をやってる以上、トップのレベルでやりたいと思ってる選手は多いと思う。僕もその一人です」と語っていた。

     今季中に国内FA権を取得したが、今月1日にこれを行使しないことを表明。以後、ポスティング制度の利用について、鈴木球団本部長は「今後、話し合っていきます」としていた。

    11/8(金) 16:56配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191108-00000083-dal-base

    成績
    http://npb.jp/bis/players/61565135.html


    【【解説】菊池涼介 米国移籍挑戦へ!】の続きを読む


    鈴木 誠也(すずき せいや、1994年8月18日 - )は、東京都荒川区出身のプロ野球選手(外野手)。右投右打。広島東洋カープ所属。 小学2年生の時に荒川リトルで野球を始める。中学校時代には荒川シニアに所属していた。 二松學舍大学附属高校へ進学してからは、投手として、1年時の秋からエースの座を確保
    48キロバイト (6,187 語) - 2019年11月4日 (月) 10:42



    (出典 cdn.images-dot.com)


    育成力の違いがどこからくるのか..

    1 ひかり ★ :2019/11/07(木) 11:13:03.20

    侍ジャパンの4番の考えは?

     パの方がセより強い。これは動かしがたい事実だが、その原因は原監督の言うように本当にDH制にあるのか。セ・リーグの現役選手に意見を聞いてみた。まずはプレミア12の侍ジャパンで4番を任されている鈴木誠也(広島)だ。

     「うーん、それって(セ・リーグが)負けているからって意見ですよね。だとしたら、セにはセのよさがあると僕は思っているし、負けている理由はそこではないと思います。これはソフトバンクを見ていて感じるんですけど
    (強い理由は)育成力でしょ。DHにしたから、そこが埋まるとは思えない」

     導入ありきではなく、なぜパが強いのかということにもっとしっかり向き合え。それが侍の4番の考えだった。続いては代表のエース格である今永昇太(DeNA)。

     「難しい議論ではありますね。強い、弱いも少しは(DH制と)関係あるのかとは思いますし。投手として言わせてもらえれば楽ではあります。バントや走塁の練習をしなくて、投手の練習を増やせますから。ただ、
    僕個人の考えとしてはセパそれぞれいいところがあっていいと思うし、差別化をはかるというか違いがあっていいんじゃないかと」

     誠実な今永らしく、投手としての考えと野球人としての考えをしっかりと分けてまとめてくれた。

     最後がセ・リーグ最優秀防御率に輝いた大野雄大(中日)だ。

     「採用する理由によりますよね。それが負けているからということなら、敗因はもっと他のところにあると思っているので。

     でも、選手としての立場なら大賛成です。何よりも投げることに集中できる。打撃を練習でやるのは気分転換になったり、楽しさもあるんですが、試合の中では周囲の皆さんが思っているより負担になるんです。
    (打撃は得意ではないが)打てるかどうかより、準備に対してですね。僕は交流戦での成績もいいと思っているし、好きなんですが、そこも関係しているのかなという自己分析です」

     3人に共通しているのはパが強いのは認めるが、制度の違いで負けているわけではないという点だ。それはアスリートの性ともいえるし、戦っている当事者の実感、さらには安易な採用への警鐘とも受け止められる。

     国際大会ではDH制が大前提。その一方でセパの違いがあるからファンの議論を呼び、楽しめる。思慮深い原監督のことだから、単なる個人の思いつきを口にしたのではなく「巨人軍の姿勢」を巧みに発信した
    可能性がある。しかし、ここから流れが一気に加速するとしたらいかがなものか。あくまでもきっかけとして、議論を活発に、慎重に深めた上での結論(採用)なら現役選手やファンも納得できるのではないだろうか。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191107-00841363-number-base&p=2
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191107-00841363-number-base&p=3


    【【解説】鈴木誠也 育成力の違いを訴える!】の続きを読む

    このページのトップヘ