The狙い撃ち★広島球団専

このブログは広島東洋カープ球団の情報をまとめたブログです


    広島長野9回好機に三振「最低限の仕事をしないと」 - 日刊スポーツ
    広島長野久義外野手(3試合連続安打を記録も、2点差に迫った9回無死二、三塁で空振り三振に倒れ)「最低限の仕事をしないといけない…。セカンドゴロで走者を進められ ...
    (出典:日刊スポーツ)


    長野 久義(ちょうの ひさよし、1984年12月6日 - )は、佐賀県三養基郡基山町出身のプロ野球選手(外野手)。右投右打。広島東洋カープ所属。 佐賀県基山町立基山小学校1年生の時に地元の少年軟式野球チーム「基山バッファローズ」に入部。6年生時に主将を務める。基山中学校時代は九州硬式少年野球協会フ
    45キロバイト (5,614 語) - 2019年4月3日 (水) 11:27



    (出典 labola-prod.s3.amazonaws.com)


    うーん

    1 風吹けば名無し :2019/04/12(金) 14:26:29.52

    ・ファンや首脳陣からは歓呼の声で迎えられたものの、いきなりチーム2位の高給取りになった結果、思いがけずチーム全体の士気を大きく損なってしまう。

    ・結果チームが開幕から大失速。心無い一部ファンから疫病神扱いされる

    ・更には好調を維持する3番野間がセンターに固定され、5番松山がファースト失格からレフトに専念という最悪のシナリオが完成
    出場機会が巨人時代に比べはるかに激減することが決定的となってしまう

    ・この状態でオフを迎えれば2.2億からの大幅減俸は確実、しかしFA宣言しようにも高齢と人的補償の存在によって移籍はほぼ不可能
    そして40%までは減俸可能なため自由契約も望み薄、加えて40%減後の1.3億ですら依然チーム内における高給取りである現実


    広島は長野を解放しろ


    【【悲報】長野久義 人的補償と言う糞制度によって選手生命の危機..】の続きを読む


    V率0%に嘆く広島ファン ソフトバンク・柳田離脱 阪神・梅野サイクル【早春のざわつきプロ野球ニュース】 - アエラドット 朝日新聞出版
    プロ野球が開幕して2週間が経過した。今シーズンはまだ始まったばかりだが、各チームの明暗ははっきりと分かれた。野球の神様のいたずらか、昨年日本一を争った ...
    (出典:アエラドット 朝日新聞出版)


    広島東洋カープ(ひろしまとうようカープ、英語: Hiroshima Toyo Carp)は、日本のプロ野球球団。セントラル・リーグに所属する。 広島県を保護地域とし、同県広島市南区にある広島市民球場であるMAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島を専用球場(本拠地)としている。また、二軍(ウエ
    283キロバイト (42,354 語) - 2019年4月11日 (木) 22:43



    (出典 p.npb.jp)


    うーん

    1 ひかり ★ :2019/04/09(火) 21:32:11.34

     「広島-ヤクルト」(9日、マツダスタジアム)

     広島が2戦連続で惨敗を喫した。先発ジョンソンが3回9安打6失点の大炎上で今季初黒星。藤井皓ら2番手以降も踏ん張れず、
    13安打で10失点と崩れた。

     ジョンソンは一回に5安打を集中されて3点を失うと、立ち直りの兆しが見えず、三回には村上に特大ソロを被弾した。3回6失点で
    KOとなった助っ人には、客席から「しっかりせーよ!」とヤジも飛んだ。

     五回は藤井皓が連続押し出しなどで3点を奪われると、客席は空席が目立ち始めた。八回は田中広、中田が失策し、2桁10失点となった。
    7日の阪神戦でも0-9で完封負けを喫しており、2戦連続で本拠地で大敗となった。

     ヤクルトは村上が2号ソロを含む3安打2打点の大暴れ。先発・原は8回1失点の好投だった。

    デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190409-00000133-dal-base


    【【悲報】広島カープ 2戦連続惨敗でファンも..】の続きを読む


    広島長野9回好機に三振「最低限の仕事をしないと」 - 日刊スポーツ
    広島長野久義外野手(3試合連続安打を記録も、2点差に迫った9回無死二、三塁で空振り三振に倒れ)「最低限の仕事をしないといけない…。セカンドゴロで走者を進められ ...
    (出典:日刊スポーツ)


    長野 久義(ちょうの ひさよし、1984年12月6日 - )は、佐賀県三養基郡基山町出身のプロ野球選手(外野手)。右投右打。広島東洋カープ所属。 佐賀県基山町立基山小学校1年生の時に地元の少年軟式野球チーム「基山バッファローズ」に入部。6年生時に主将を務める。基山中学校時代は九州硬式少年野球協会フ
    45キロバイト (5,614 語) - 2019年4月3日 (水) 11:27



    (出典 www.dailyshincho.jp)


    うーん

    【【悲報】長野久義 FAで巨人に帰還する可能性高まる!?】の続きを読む


    広島鈴木誠也2発5ラン - 日刊スポーツ
    広島鈴木誠也外野手(24)が2本の本塁打を放った。まずは1点リードの3回、追撃の4号2ラン。1死一塁から阪神岩貞の初球のカットボールを左翼席まで運び「甘い球を一発 ...
    (出典:日刊スポーツ)


    鈴木 誠也(すずき せいや、1994年8月18日 - )は、東京都荒川区出身のプロ野球選手(外野手)。右投右打。広島東洋カープ所属。 小学2年生の時に荒川リトルで野球を始める。中学校時代には荒川シニアに所属していた。 二松學舍大学附属高校へ進学してからは、投手として、1年時の秋からエースの座を確保
    47キロバイト (6,180 語) - 2019年4月7日 (日) 03:25



    (出典 www.nikkansports.com)


    ..

    1 風吹けば名無し :2019/04/11(木) 01:33:54.89

    @gandai_sports
    【本紙独占インタビュー】
    11日、広島東洋カープの鈴木誠也外野手が本紙の独占インタビューに応じた。
    インタビューの中で「今はカープで日本一になることしか考えていないが、いつかは丸さんとまた同じチームでプレイしたい」と語り、将来的に関東の球団に戻りたいことを明かした。

    https://twitter.com/ToystoryAN/status/1115136064002224130
    (deleted an unsolicited ad)


    【【えっ..行くなよ..】鈴木誠也 将来的には丸さんと同じチームでプレイしたい..】の続きを読む


    大敗で借金4の広島緒方監督「攻める姿勢見せて」 - 日刊スポーツ
    広島が今季初の2桁失点で大敗し、開幕10試合を終え3勝7敗。借金4となった。広島緒方孝市監督(50)の試合後の談話は以下の通り。- 先発ジョンソンは球が高かっ…
    (出典:日刊スポーツ)


    緒方 孝市(おがた こういち、1968年12月25日 - )は、佐賀県鳥栖出身の元プロ野球選手(外野手、右投右打)・コーチ。現在は広島東洋カープの監督。 佐賀県立鳥栖高等学校では3年春の九州大会でベスト8、夏は全国高等学校野球選手権佐賀大会でベスト4。 1986年のドラフト会議で広島東洋カープが3
    30キロバイト (2,588 語) - 2019年4月8日 (月) 08:16



    (出典 blog-imgs-110.fc2.com)


    うーん

    1 ひかり ★ :2019/04/10(水) 23:36:17.11

    ■ヤクルト 15-3 広島(10日・マツダスタジアム)

     広島は10日、マツダスタジアムで行われたヤクルト戦に3-15で敗れた。延長戦で1イニング12失点とショッキングな敗戦に、
    緒方監督は報道陣の質問を受けることなく、早々に会見を切り上げた。

     3-3で迎えた延長10回、9回から救援し、イニングまたぎとなった抑えの中崎が味方の失策から勝ち越し点を献上。後を継いだ中田も
    勢いづいたヤクルト打線を止められなかった。10回裏の広島の攻撃が3者凡退で試合終了となり、真っ先にベンチ裏に消えたのは
    中田だった。1死満塁の場面から登板し、打者10人に対して5安打、2四死球で7失点。ベンチに戻ってうなだれた姿で味方の攻撃を観戦し、
    試合終了直後にはタオルを頭に被ったまま、足早にロッカールームに引き上げた。

     普段は試合後もベンチ裏でスイングなどの練習をしてから引き上げる鈴木も、足を止めることなく険しい表情で引き上げた。
    異様な雰囲気の中、報道陣の前に姿を現した緒方監督は「こういう展開になっても最後まで声援があった。明日はこの声援に
    応えられるようにしないと」と、惨敗の状況でもスタンドに残ったファンに感謝した。その後も自ら話を続けた指揮官は
    「今日は勝ちきれるチャンスもあった。自分の采配も含めて反省したい。また明日、勝てるように頑張りたい」と話した後、
    「以上です」と自ら会見を切り上げた。

     0-9で敗れた9日の阪神戦の後、2試合連続でヤクルトに2桁失点での敗戦で3連敗となった。過去3年、圧倒的な強さを誇った
    マツダスタジアムでのこの失態は、開幕早々から非常事態の感が否めない。開幕から4カード連続負け越し。過去には優勝確率ゼロから
    リーグ3連覇を達成した指揮官がどのようにチームを立て直していくのか。開幕からわずか11試合で、チームに試練が訪れた。

    フルカウント
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190410-00342630-fullcount-base


    【【悲報】緒方監督 質問なんて聴きたくない..】の続きを読む

    このページのトップヘ