The狙い撃ち★広島球団専

このブログは広島東洋カープ球団の情報をまとめたブログです


    長野久義 (カテゴリ 野球に関する記事)
    久義(ちょうの ひさよし、1984年12月6日 - )は、佐賀県三養基郡基山町出身のプロ野球選手(外野手)。右投右打。読売ジャイアンツ所属。 佐賀県基山町立基山小学校1年生の時に地元の少年軟式野球チーム「基山バッファローズ」に入部。6年生時に主将を務める。基山中学校時代は九州硬式少年野球
    43キロバイト (5,019 語) - 2019年1月7日 (月) 12:36



    (出典 www.jiji.com)


    へぇー

    1 ひかり ★ :2019/01/07(月) 17:46:39.41 ID:29Q1H9Ao9.net

     巨人にFA移籍した丸佳浩外野手(29)の人的補償として、長野久義外野手(34)が広島に移籍することが両球団から発表された。

     FAによる補償は、野球協約のフリーエージェント規約に定められている。丸の昨季年俸2億1000万円(推定)は球団内で上位1~3位
    (外国人選手を除く)のAランクとみられ、移籍元の広島は獲得球団である巨人に対して、人的補償か金銭補償のいずれかを求めることが可能だった。

     フリーエージェント規約の第10条(3)により、広島は人的補償としてプロテクト名簿から外れた1人を獲得でき、長野を指名した。さらに
    丸の昨季年俸額の50%である1億500万円の金銭補償がプラスされる。

     また、第10条(7)には「旧球団から指名された獲得球団の選手は、その指名による移籍を拒否することはできない。拒否した場合、
    同選手は資格停止選手となる」と記されており、人的補償の選手は移籍を拒否できず、拒否した場合は資格停止となる。

    スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190107-00000120-spnannex-base


    【【問題】1年でFA出戻りなら巨人は損しない!?】の続きを読む


    広島東洋カープ > 広島カープの歌 「広島カープの歌」(ひろしまカープのうた)は、日本プロ野球のセントラル・リーグに所属する広島カープ(後の広島東洋カープ)の初代球団歌。1953年(昭和28年)発表・制定。現在は「勝て勝てカープ」に改題され、公式応援歌として存続している。球団応援歌の元祖ともいわれる。
    4キロバイト (536 語) - 2017年6月4日 (日) 14:14



    (出典 p.npb.jp)


    へぇー

    1 ベクトル空間 ★ :2019/01/07(月) 22:34:50.39 ID:rBQYuM1r9.net

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190107-00000009-jct-soci&p=1

    巨人は2019年1月7日、FAで獲得した丸佳浩外野手(29)の人的補償として、
    長野久義外野手(34)が広島に移籍することを発表した。
    広島から長野獲得の意向を受けた巨人はこの日午前に長野に通告し、長野が承諾したことで移籍が決まった。
    巨人のFAによる人的補償での流出は、昨年12月に西武に移籍した内海哲也投手(36)に続いて2人目となった。

     球界を揺るがした移籍劇から年をまたいで17日目にして再び巨人に衝撃が走った。
    丸外野手の人的補償として広島が選択したのは巨人一筋9年のベテラン長野だった。
    年明けに長野獲得へ方針を固めていたという広島は、この日までに巨人に長野獲得の意向を通達し、移籍が成立した。

     長野はこの日、球団を通じてコメントを発表。
    「3連覇している強い広島カープに選んでいただけたことは選手冥利に尽きます。
    自分のことを必要としていただけることは光栄なことで、少しでもチームの勝利に貢献できるように精一杯頑張ります」
    と、今回の移籍を前向きにとらえた。

    ■2度のドラフト指名→入団拒否、「巨人愛」は筋金入り

    広島への移籍を長野がすんなりと受け入れたことに、
    巨人の球団関係者からは「最悪の事態は回避できた」と安どの声が上がっているという。
    関係者が言う「最悪の事態」とは、長野が広島の移籍を拒否して現役を引退することだ。

     長野はプロ入りする際に巨人入団にこだわり続けた。
    大学卒業時と社会人時代にそれぞれドラフトで指名されながらも入団を拒否。
    2009年に3度目の正直で巨人から1位指名を受けて晴れて念願の巨人入りが実現した。
    筋金入りの「巨人愛」を持つ長野だけに、球団関係者は「移籍」→「引退」の最悪のシナリオも想定していたという。

    FAのルールでは、28人のプロテクトリストから漏れた支配下選手で獲得の指名を受けた選手は、これを拒否することは出来ない。
    当該選手が拒否した場合、選手はプロ野球選手としての資格を停止され、現役引退を余儀なくされる。
    長野場合、選択肢は「広島移籍」か「引退」の二択しかなかった。

    過去には、定岡正二氏が「巨人愛」を貫き、29歳の若さで現役を引退している。
    鹿児島実高時代、甲子園を沸かせ1974年のドラフト1位で巨人に入団した定岡氏は1985年オフに近鉄との
    トレードを持ちかけられたがこれを拒否。「巨人の選手のまま辞めたい」として、トレードに応じることなくユニフォームを脱いだ。

     近年では元木大介氏もそのひとり。元木氏は長野同様にドラフトで指名された球団の入団を拒否し、
    浪人してまで巨人入りした選手だ。2005年に戦力外通告を受けた際には、複数の球団からの誘いがあ
    ったにもかかわらず、「入団したときからこのチームでいらないと言われたら辞めようと決めていた」との理由で引退を決意。
    当時まだ33歳の若さだった。

     長野が広島への移籍を選択したことで、球団関係者のみならずネット上では巨人ファンからも安どの声が多数あがっている。

     「長野さん、引退しなくて良かった」
     「もしかして辞めてしまうかと...。広島でも頑張ってほしい」
     「巨人好きすぎて広島に行かないかもと。引退しないとのことで安心しました」

     このようなコメントに応えるように長野は「ジャイアンツと対戦することを楽しみにしています」と古巣ファンに向けてメッセージを送った。
    また、巨人・石井一夫代表取締役社長兼編成本部長は「長年の功績に感謝するとともに、今後の活躍を期待しています」と労いの言葉で送り出した。


    【【びっくり】岩瀬を選んだ時点で移籍か引退しかなかった!?】の続きを読む


    下平 さやか(しもひら さやか、1973年2月12日 - )は、テレビ朝日のアナウンサー。東京都新宿区出身。早稲田大学卒。 結婚後の本名は、長野 さやか(ちょうの さやか)。 夫はプロ野球選手の長野久義。 両親が放送局に勤める家庭に育つ。カリタス女子高校、早稲田大学法学部卒業後、1995年、アナウン
    6キロバイト (629 語) - 2018年12月26日 (水) 11:48



    (出典 www.sponichi.co.jp)


    うん

    1 pathos ★ :2019/01/07(月) 18:22:08.34 ID:EsRRqAaf9.net

     巨人の長野久義外野手(34)がフリーエージェントで移籍した元広島の丸佳浩外野手の人的補償として広島に移籍することが7日、両球団から発表された。長野の妻はテレビ朝日の下平さやかアナウンサー(45)。生番組のレギュラーもあり、長野とともに広島に移住するのか、動向も注目される。

     長野は2015年3月29日、下平アナとの結婚を発表した。ドラフト1位指名直後の09年12月、都内高級ホテルの地下駐車場の車内で何度も大胆なキスを交わす2人の写真が女性誌で報じられ、熱愛が発覚。長い交際を経てのゴールインだった。

     下平は現在、「ワイド!スクランブル」内のニュース、AbemaTVの生番組「みのもんたのよるバズ!」(土曜、後8・00)をはじめ、「じゅん散歩」のナレーション、「ザ・インタビュー~トップランナーの肖像」では7人のレギュラーインタビュアーのうちの1人として務めている。

     東京のキー局のアナウンサーで、広島の選手と結婚した最近の例では、14年12月25日に広島の堂林翔太内野手と結婚したTBSのTBSの枡田絵理奈アナウンサーがおり、結婚を機に、同局を退社し、広島に移住している。
    https://www.daily.co.jp/gossip/2019/01/07/0011960478.shtml


    おがた かなこ
    緒方 かな子
    プロフィール
    別名義 中條 かな子
    生年月日 1973年3月4日
    現年齢 45歳
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B7%92%E6%96%B9%E3%81%8B%E3%81%AA%E5%AD%90


    しもひら さやか
    下平 さやか
    プロフィール
    本名 長野 さやか(ちょうの -)
    生年月日 1973年2月12日(45歳)
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8B%E5%B9%B3%E3%81%95%E3%82%84%E3%81%8B


    【【野球】女子アナって夢がある!?】の続きを読む


    會澤翼 (会沢からのリダイレクト)
    會澤 翼(あいざわ つばさ、1988年4月13日 - )は、広島東洋カープに所属するプロ野球選手(捕手)。 報道などで、苗字を「会沢」と表記する場合もある。 茨城県日立市出身。小学校3年生の時に助川野球スポーツ少年団で野球を始め、捕手ひと筋。捕手を始めたきっかけは「誰もやろうとしなかったから」。本格
    21キロバイト (2,169 語) - 2018年12月29日 (土) 01:36



    (出典 c1.staticflickr.com)


    頑張れ

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/01/02(水) 14:26:21.91 ID:CAP_USER9.net

    すっかりチームの顔となった。広島・会沢翼捕手は今季選手会長2年目を迎える。プロ12年目の昨季は106試合に出場し、打率・305、13本塁打、42打点。
    2年連続ベストナインに輝く活躍で、リーグ3連覇に貢献した。11月に行われた日米野球でも、総合力の高さを知らしめた。

    リーグ4連覇を狙う今季はますます重責が増しそうだ。正捕手としてはもちろん攻撃面でもキーマンに名前が挙がる。
    東出打撃コーチは“ポスト丸”の3番候補の1人に指名。
    会沢は主軸抜てきについて「目標にしているが、キャンプ、オープン戦で適正が見極められると思う。
    自分は与えられたポジションを全うすることを考えている。それよりチームが勝つこと」と4連覇へ視線を向けた。

    精神的支柱としても期待が大きい。昨季限りで現役引退した新井氏は「アツ(会沢)の存在が大きかった。
    選手会長として、陰となり、日なたとなり、若い選手を支えている」とグラウンド内外での働きを絶賛していた。
    リーダーシップに優れ、投手と野手の橋渡し役としても、重要な役割を担っている。

    多忙を極めた今オフもマツダスタジアムを練習拠点にして、精力的に汗を流した。ウエートトレーニングの後は必ずバットを握り、素振りを繰り返したという。
    来季への課題には今季・263だった得点圏打率の向上を挙げ、「もうちょっと上げないといけない」とどこまでもどん欲だ。

    年末年始は広島で過ごすという。「年明けに親が来てくれると思う。家族とゆっくりしたいね」。
    1月中旬には恒例の護摩行が待っている。V10を目指す2019年も「打てる捕手」として、頼れる選手会長が若いチームをまとめ上げる。(デイリースポーツ・杉原史恭)

    http://news.livedoor.com/article/detail/15820872/
    2019年1月2日 11時0分 デイリースポーツ

    http://npb.jp/bis/players/31135114.html
    成績


    【【すっかりチームの顔⭐️】広島・会沢翼捕手!】の続きを読む


    広島中村奨成に広陵の恩師が喝「考え方がぬるい」 - 日刊スポーツ
    広島中村奨成捕手(19)が恩師からカツを入れられた。29日に母校広陵高で行われた野球教室に参加。「背筋が伸びますね」と表情を引き締めながら、野球少年と触れ合っ ...
    (出典:日刊スポーツ)


    広島東洋カープ(ひろしまとうようカープ、英語: Hiroshima Toyo Carp)は、日本のプロ野球球団。セントラル・リーグに所属する。 広島県を保護地域とし、同県広島市南区にある広島市民球場であるMAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島を専用球場(本拠地)としている。また、二軍(ウエ
    278キロバイト (38,389 語) - 2019年1月4日 (金) 16:53


    2年目頑張れ

    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/12/30(日) 06:07:53.12 ID:CAP_USER9.net

    広島・中村奨成捕手(19)が29日、母校・広陵の野球教室に参加した。
    プロ1年目は1軍出場なしに終わり、2年目の飛躍を誓う。
    今オフは自らの意向で遺伝子検査を受け、ウエートトレと食トレで肉体強化に着手。
    また中井監督からの“激辛エール”を期待と受け止め、2019年は元日から自主トレを開始することも明かした。

    懐かしい母校の空気に触れ、中村奨は初心に帰った。積雪のため室内練習場で行われた野球教室ではティー打撃の手本を披露。
    少年に優しく直接指導もした。「みんな純粋な目で野球をしていた。
    小さい頃や高校時代を思い出しました」。憧れの視線を受け止め、プロの自覚を強くした。

    大きな注目を集めた1年目はプロの壁に阻まれた。1軍出場なしに終わり、「悔しい。思うような結果を出せなかった」。2年目は結果を求める。
    「1軍に上がることが目標。視野も考え方も変わってくると思う」とイメージを膨らませた。

    今オフは肉体強化に励む日々だ。ウエートと食トレで目標の85キロまであと3キロ。
    自らの意向で遺伝子検査を受け「太りにくい体質」と判明したが、「何があるか分からない。寝ている間にいきなり増えるかもしれない」と冗談も交えて、前向きに取り組んでいる。

    そんな愛弟子へ、中井監督は愛情たっぷりの“激辛エール”だ。地元・広島出身で、夏の甲子園でも大暴れ、そして、ドラフト1位で広島に入団。
    「ちやほやされる。本人も周りも勘違いするし、してしまう。でも大学1年、社会人1年目と同じですから」。
    厳しい言葉も1軍での活躍を願うからこそ。「とにかくぬるい。*気でやれ!と言いたい」と愛のムチを振るった。

     中村奨も恩師の期待に応える覚悟だ。休む間もなく年明けからの元日始動を宣言。
    「家の周りは坂があるし、バットも振れる」。悔しさは力に変える。来年は胸を張って、野球教室に帰ってくる。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181230-00000017-dal-base
    12/30(日) 6:01配信


    (出典 amd.c.yimg.jp)


    (出典 i.daily.jp)


    【【ハズレな一位だった!】広島・中村奨成捕手】の続きを読む

    このページのトップヘ