The狙い撃ち★広島球団専

このブログは広島東洋カープ球団の情報をまとめたブログです

    カテゴリ: 菊池涼介


    菊池 涼介(きくち りょうすけ、1990年3月11日 - )は、東京都東大和市出身のプロ野球選手(内野手)。右投右打。広島東洋カープ所属。 中学生時代まで東大和市で暮らした後に、長野県塩尻市にある武蔵工業大学第二高等学校へ進学。在学中のポジションは三塁手だったが、春夏ともに全国大会へ出場できなかった。
    37キロバイト (4,208 語) - 2020年1月7日 (火) 08:17



    (出典 www.sponichi.co.jp)


    出戻りが偉そう 笑笑

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/01/13(月) 07:37:40.75

    広島・菊池涼介内野手(29)が12日、佐々岡体制のチームリーダーに名乗りを上げた。ポスティングシステムでの米大リーグ挑戦を目指しながら、
    4年契約で残留を決めた男は「本当にスッキリした」と気分一新。静岡・清水庵原球場で自主トレを公開し、V奪回にかける決意を明かした。

    「個人目標は優勝。もう1回、幸せな時間を過ごせるように。監督が代わったので、しっかり会話をしながら(チームを)引っ張っていきたい」。
    黒田、新井ら偉大な先輩が示してきた支柱としての姿。3月には30歳を迎えるが、5年ぶりの全試合出場も誓った。

    侍ジャパンの常連でもある名二塁手。生まれ故郷の東京で開催される五輪への思いも強く「その枠に入れるように、しっかりと成績を残さないといけない。
    自信を持って行けるようにしないと」と慢心なく突き進むつもりだ。カープと日の丸で目指す金メダル。有言実行の1年が始まる。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200113-01120285-sph-base
    1/13(月) 7:00配信


    (出典 media.image.infoseek.co.jp)


    http://npb.jp/bis/players/61565135.html
    成績


    【【朗報】菊池涼介 チームリーダーになる!?】の続きを読む


    菊池 涼介(きくち りょうすけ、1990年3月11日 - )は、東京都東大和市出身のプロ野球選手(内野手)。右投右打。広島東洋カープ所属。 中学生時代まで東大和市で暮らした後に、長野県塩尻市にある武蔵工業大学第二高等学校へ進学。在学中のポジションは三塁手だったが、春夏ともに全国大会へ出場できなかった。
    37キロバイト (4,208 語) - 2020年1月7日 (火) 08:17



    (出典 www.nikkansports.com)


    守備はそれほど必要ないのか..

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/01/09(Thu) 13:55:25

    菊池涼介、メジャー移籍を断念
    昨年末の12月27日、ポスティングシステムによるメジャーリーグ移籍を目指していた菊池涼介が会見を開き、広島カープへの残留を表明した。菊池は新たに広島と4年契約を結び、事実上、メジャーを断念した。契約は年俸3億円プラス出来高払いで、野手としては球団史上最高額となった。

    菊池は会見で「メジャーリーグのFA市場の動きが遅いこともあり、この状況が続くのであれば、僕の思いをくんでくれたカープになるべく早く残留を伝えたほうがいいと思った」とメジャー断念の理由を語った。

    二塁手のFA市場は供給過多
    もっともこのオフのFA市場は近年に比べるとそこまで動きが遅いとは言えない。2018年のオフは、ブライス・ハーパーやマニー・マチャドといったFAの目玉が2月後半まで所属球団が決まらなかった一方で、今オフは早々に主要なFA選手の契約が成立している。2019年、シーズンが始まっても所属チームが決まらなかったサイ・ヤング賞左腕ダラス・カイケルも新年を迎える前にホワイトソックスとの3年契約を勝ち取った。

    ただ、セカンドに関しては確かに供給過多だった。MLBの公式サイトによれば、選手の総合的な貢献度を意味するWARが1.0以上であるセカンドのFAは10人と、他のポジションよりも多かった。実際、移籍情報を専門的に扱う米サイト「MLBトレード・ルーマーズ」は、菊池がメジャー移籍に至らなかった要因の一つとして、ライバルとなる他のセカンドが市場に多く出回っていることを挙げている。菊池の場合、他のFA選手とは異なり、通常の契約に加え、ポスティングシステムに伴う広島への譲渡金が必要だったこともメジャー移籍の足枷になったと思われる。

    守備職人が直面したMLBの現実
    また、菊池のストロングポイントが現在のMLBではそこまで魅力的でなかったこともメジャー断念の要因として考えられる。菊池の最大の売りといえば、7年連続のゴールデン・グラブ賞受賞が示すように守備力の高さである。守備範囲の広さは驚異的で、その敏捷さは「忍者」や「猿」と称賛されるほどだ。

    ただ、現在のメジャーリーグでは内野手に守備範囲の広さはそこまで要求されない。
    多くのバッターに打球方向の傾向が表れるメジャーリーグでは、頻繁にシフトが敷かれるからだ。とくに左打者の場合は2019年、41.9%の割合で守備シフトが敷かれた。
    典型的な左打者のシフトでは、三塁手が本来遊撃手のいるポジションにつき、一・二塁間を一塁手、二塁手、遊撃手の3人で守るため、二塁手が広い範囲をカバーする必要がなくなったのである。

    前述のMLBトレード・ルーマーズも触れているが、もともと打撃面の評価は低く、守備面でその欠点を補えなかったために菊池の獲得に乗り出す球団がなかなか現れなかったのだろう。

    成績
    http://npb.jp/bis/players/61565135.html

    2020 01/09 06:00
    https://news.goo.ne.jp/picture/sports/spaia-column_9346.html


    【【悲報】菊池涼介 メジャー断念の理由は守備の需要だった..】の続きを読む


    菊池 涼介(きくち りょうすけ、1990年3月11日 - )は、東京都東大和市出身のプロ野球選手(内野手)。右投右打。広島東洋カープ所属。 中学生時代まで東大和市で暮らした後に、長野県塩尻市にある武蔵工業大学第二高等学校へ進学。在学中のポジションは三塁手だったが、春夏ともに全国大会へ出場できなかった。
    37キロバイト (4,123 語) - 2019年12月29日 (日) 14:58



    (出典 1640carp.net)


    納得できる!

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/12/29(日) 16:42:47.48

     広島カープからポスティング・システムでメジャー移籍を目指していた菊池涼介が、メジャーへの移籍を諦めて、カープと新たに4年契約を結んだ。

     「野球をやっている以上、トップレベルでやりたい」とメジャーへの思いを口にしていた菊池だが、
    「フリーエージェント市場の動きが遅いこともあり、その状況が続くのであれば僕の思いをくんで快く出してくれたカープ球団に残ることを伝えた方がいいという決断に至りました」
    と自らの夢を封印して、カープに残留する道を選んだ。

    「まだ交渉の日にちはわずかに残っていますが」と菊池が言うように、
    ポスティング期限はまだ締め切ってはいないが、菊池自らがケジメとして来年1月2日の交渉期限を待たずに残留を決断した。

     メジャーのスカウトから「世界最高峰の二塁守備の名手」との評価を受けた菊池を獲得するメジャー球団が現れなかった要因といて以下の5つが挙げられる。

    1.二塁手が多かった今オフのFA市場
     今オフシーズンは、フリーエージェントとして市場に出回った二塁手が多かった。

     2019年のWARが1.0以上を記録したポジション別のFA選手の数を見てみると、捕手6名、一塁手3名、10名、三塁手6名、遊撃手1名、左翼手3名、中堅手3名、右翼手6名、指名打者2名で、二塁手が圧倒的に多い。

     WARとは代替可能選手に比べてどれだけ勝利数を上積みできたかの指標であり、WARが0の選手はマイナーリーグの選手でも代役が務まるレベルで、1.0以上は先発クラス、4.0以上がオールスター・レベル、6.0以上がMVPレベルの選手と評価される。

     今オフの二塁手市場はオールスター・レベルの目玉選手はいないが、レギュラーを任せられる選手は豊富。

     2.6で最もWARが高かったエリック・ソガードが12月20日にミルウォーキー・ブリュワーズと450万ドル(約4億9500万円)で1年契約。WAR1.3のジョナサン・スコープは12月21日にデトロイト・タイガースと610万ドル(約6億7100万円)で1年契約に合意した。

     WARが1.0以上のFA二塁手で、契約を手にしたのはこの2選手だけで、ともに単年の契約しか与えられていない。まだまだ、メジャー・レベルの二塁手がFA市場に多く売れ残っている状態は菊池にとってマイナスに働いた。

     ちなみに、菊池の2019年度日本プロ野球でのWARは3.8で、秋山翔吾の5.1よりは低いが、筒香嘉智の1.5よりは高かった。

    12/29(日) 12:12
    https://news.yahoo.co.jp/byline/kiyoshimio/20191229-00156784/


    【【徹底解説】菊池涼介 メジャーに行けなかった5つの敗因!?】の続きを読む


    菊池 涼介(きくち りょうすけ、1990年3月11日 - )は、東京都東大和市出身のプロ野球選手(内野手)。右投右打。広島東洋カープ所属。 中学生時代まで東大和市で暮らした後に、長野県塩尻市にある武蔵工業大学第二高等学校へ進学。在学中のポジションは三塁手だったが、春夏ともに全国大会へ出場できなかった。
    37キロバイト (4,123 語) - 2019年12月27日 (金) 08:39



    (出典 tsms-affiliate.com)


    結果オーライか..

    1 ひかり ★ :2019/12/27(金) 18:13:40.85

    菊池涼介3億!広島野手史上最高年俸 米移籍ならず
    残留会見する広島菊池涼介内野手(撮影・前原淳)
    ポスティングシステムで大リーグ移籍を目指していた
    広島菊池涼介内野手(29)が27日、広島市内の球団事務所で会見し、チームに残留することを表明した。

    同日に契約更改交渉に臨み、新たに年俸3億円プラス出来高払いの4年契約を結んだ。鈴木の2億8000万円を抜いて球団の野手では史上最高年俸となった。
    リーグ3連覇の立役者の1人が再びカープの一員としてV奪回を目指し、ダイヤモンドを駆け回る。(金額は推定)

       ◇   ◇   ◇

    菊池涼は赤いネクタイを締め、晴れやかな表情で堂々と宣言した。「本日カープ球団と残留の交渉をしまして、残留することを決めました」。1年前の契約更改交渉で
    球団にメジャー挑戦を志願した。球団はリーグ3連覇など功績を評価し、ポスティングシステムを利用してのメジャー移籍を容認。代理人を通じて交渉を続けたが、
    最終的に広島でプレーする道を選択した。

    夢を後押ししてくれた球団に対する感謝の思いがあった。「いろんな問題がありましたけど、それを柔軟に受け止めてくれた温かい球団。その人たちと来年も一緒に
    頑張っていきたいという思いをずっと持っていた。感謝しかない。モヤモヤすることなく、スッキリしています」。日本時間の来年1月3日午前7時が交渉期限だったが
    「早めに球団に伝えてあげたい」との思いか26日に佐々岡監督を含めて球団に残留の意思を伝えた。

    順調にいけば21年には海外フリーエージェント(FA)権を取得する。メジャー再挑戦の可能性について菊池涼は「年齢的に考えればやっぱり難しい。挑戦できれば
    向こうの国でプレーしたかった」とその思いは一時封印する。会見前には松田オーナーの下にあいさつに訪れ「来年から長い契約なので、しっかりリーダーになってくれ」と
    声を掛けられた。年俸3億円で4年契約を結んだことは「生涯カープ」の決意の裏返しとも受け取れる。

    ここまでのプロ8年間を振り返った上でこう力強く言った。「やり残したことしかない。おごりはない。本当に悔いのないようにやるにはカープでやるのが一番だという
    選択だった。また新たな気持ちで、挑戦者として、戦い抜いていきたい」。V奪回、そして悲願の日本一へ広島の“忍者”がチームを頂点へ押し上げる。【古財稜明】

    ▽広島佐々岡監督 二塁手として存在は大きく、必要な選手。また野手を引っ張ってくれるだろう。本人は残念だろうけど、気持ちを切り替えてほしい。
    会沢、(野村)祐輔、長野が残ってくれて、最後、菊池の残留決断は大きかった。

    ▽広島鈴木球団本部長 彼がいなくなったら…と燃えていた若い人たちも、また奪い取るつもりで頑張ってほしいし、それがチームの力になる。

    日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191227-12270472-nksports-base

    (出典 www.nikkansports.com)


    【【解説】菊池涼介 移籍ならずも年俸3億!】の続きを読む


    菊池 涼介(きくち りょうすけ、1990年3月11日 - )は、東京都東大和市出身のプロ野球選手(内野手)。右投右打。広島東洋カープ所属。 中学生時代まで東大和市で暮らした後に、長野県塩尻市にある武蔵工業大学第二高等学校へ進学。在学中のポジションは三塁手だったが、春夏ともに全国大会へ出場できなかった。
    36キロバイト (4,089 語) - 2019年12月21日 (土) 21:37



    (出典 baseballking.jp)


    恥ずかしい..

    1 風吹けば名無し :2019/12/26(木) 10:17:36.94

    ポスティング申請の広島・菊池涼、動きなし…交渉期限は1・3

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191225-00000034-sanspo-base
    ポスティングシステムを利用してメジャー移籍を目指す広島・菊池涼について、鈴木球団本部長は24日、「動きはない」と現状を説明した。


    【【悲報】菊池涼介 1週間切っても動きなし..】の続きを読む

    このページのトップヘ