The狙い撃ち★広島球団専

このブログは広島東洋カープ球団の情報をまとめたブログです

    カテゴリ: その他


    11連敗中の広島カープは、平均得点が1試合2点に届かず(宇根夏樹) - Yahoo!ニュース - Yahoo!ニュース
    交流戦を終えた後、広島東洋カープは1勝も挙げられず、1引き分けを挟む11連敗で前半戦を終えた。ここ12試合のうち、4得点以上は1試合しかない。
    (出典:Yahoo!ニュース)


    広島東洋カープ(ひろしまとうようカープ、英語: Hiroshima Toyo Carp)は、日本のプロ野球球団。セントラル・リーグに所属する。 広島県を保護地域とし、同県広島市南区にある広島市民球場であるMAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島を専用球場(本拠地)としている。また、二軍(ウエ
    286キロバイト (42,902 語) - 2019年7月10日 (水) 09:57



    (出典 d29d4ix4siswd2.cloudfront.net)


    田中使う理由が分からん..

    1 ひかり ★ :2019/07/11(木) 14:10:34.19

    ◆中日2―1広島(10日・ナゴヤドーム)

     広島は中日に逆転負けを喫し、連敗は1999年6月25日の巨人戦から7月13日の中日戦の13連敗以来、20年ぶりに「11」となった。緒方孝市監督(50)は、ジェットコースターのように
    乱高下した自軍の前半戦を振り返った。

     ―前半戦を振り返って

     「開幕からなかなか良いスタートが切れなかった中で、課題を修正して5月は良い戦いができた。だが6月の交流戦に入ってから勝てない試合が続いた。7月に入っても連敗が続いている現状。
    課題がいくつも出てきている。まずはそこを集中して(克服し)、今後の勝負となる夏場に向けてやっていかないといけない」

     ―その課題とは

     「まず投手の方は、先発がどうしても1枚2枚足りない。中継ぎから抑えにつないでいくところも、なかなか決まり切らない。そこをまず直していきたいと思います。打線は得点力不足に陥っています。
    なかなか得点できていないというのがあり、(一方で)流れの中で得点しても、その後の中押し、駄目押しなど、試合を通じてのいい攻撃がなかなか(できない)というのがある。打線を組み替えたり、
    あるいはここから先、固定していくことも考えた中で修正していければ」

     ―先発陣を振り返って

     「床田が数字以上の投球をしてくれている。やはり打線との兼ね合いで、もっともっと勝ち星がついていい(と思える)ものは出せている。ジョンソンも柱としてしっかりやってくれているのですが、
    それに続いていく投手というところがね…」

     ―中継ぎ陣は

     「ここまで2年目の遠藤をはじめ、いい投球内容を見せてくれている。しっかりチームの戦力になっている。(一方で)期待していた中崎しかり一岡しかり、実績のある投手が不調もしくは故障で抜けた穴が
    埋め切れない」

     ―後半戦のキーマンは

     「下で調整している野村しかり岡田しかり、実績を残している薮田しかり。中堅どころがしっかりと調整した形で後半戦を戦えることを期待しています」

     ―打線は試行錯誤

     「そうですね。打線の核というか、今年はちょっと田中広輔の状態がなかなか上がらず、打順を下げたり。そういった兼ね合いで、クリーンアップもなかなか固定して決め切れないのが現状。
    固定するのが理想なんですが(各打者の)調子もある。ここから後半戦、主力選手をはじめ、若い選手しかり新しい選手しかり、巻き返してくれないと苦しい戦いが続く」

     ―4位で折り返し

     「まだまだ、本当の意味での勝負は夏場です。こうして連敗はしてますけど、最後まで自分たちの野球をやるという気持ちを持って戦ってもらう。流れが変われば、またチームはいい方向にいけると
    思っています。しっかり目標を見定めて戦っていきたい」

     ―ファンに向けて

     「今年もマツダスタジアムをはじめ、どの球場でもたくさんの声援をいただいた。ファンの方の期待に応えるため、最後の最後まであきらめずに戦っていきます」

    スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190710-00000239-sph-base

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【野球】広島カープ 11連敗から反撃の後半戦へ…】の続きを読む


    広島東洋カープ(ひろしまとうようカープ、英語: Hiroshima Toyo Carp)は、日本のプロ野球球団。セントラル・リーグに所属する。 広島県を保護地域とし、同県広島市南区にある広島市民球場であるMAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島を専用球場(本拠地)としている。また、二軍(ウエ
    286キロバイト (42,767 語) - 2019年6月25日 (火) 06:48



    (出典 dic.nicovideo.jp)


    えっヤバ..

    1 丁稚ですがφ ★ :2019/07/02(火) 21:23:15.21

    ヤクルト   0 1 0  0 0 1  0 0 1  3
    広島    0 0 0  1 0 0  0 0 0  1

    バッテリー
    広島    :九里、遠藤、中村恭、一岡、島内- 會澤
    ヤクルト   :小川、マクガフ、石山- 中村

    本塁打
    ヤクルト   :中山 2回表 3号ソロ、大村 9回表 1号ソロ
    広島    :

    試合結果:nikkansports.com/yahoo野球
    https://www.nikkansports.com/baseball/professional/score/2019/cl2019070203.html
    https://baseball.yahoo.co.jp/live/npb/game/2019070203/score

    明日の予告先発:
        広島 - ヤクルト
    ローレンス    寺原隼人
    http://npb.jp/announcement/starter/


    【【ヤバイ..】広島カープ 3連敗..】の続きを読む


    下水流 昂(しもずる こう、1988年4月23日 - )は、神奈川県横浜市出身のプロ野球選手(外野手)。右投右打。広島東洋カープ所属。 兄の影響で野球を始め、横浜市立鴨志田第一小学校から横浜市立鴨志田中学校に進学。中学時代に所属した緑中央シニアで本格的に野球に打ち込んだ。
    15キロバイト (1,637 語) - 2019年7月2日 (火) 10:42



    (出典 pbs.twimg.com)


    それで出番が増えるなら

    1 ひかり ★ :2019/07/02(火) 11:51:07.12

     2日、楽天・三好匠内野手(26)と広島・下水流昂外野手(31)との1対1のトレードが両球団から発表された。

     三好は昨季、打率・104と低調ながら、主に内野の守備固めとして自己最多の70試合に出場。今季も17試合に出場しながら、
    4打数1安打と打席数は限られていた。

     一方の下水流は昨季、自己最多の67試合に出場し、打率・263、4本塁打、12打点。持ち前の打力でアピールしながら、
    今季は2試合のみの出場にとどまり、4打数無安打だった。

     下水流は球団を通してコメントを発表し、「大変驚いています。カープ球団には約6年半、お世話になりました。
    その中で優勝も経験させてもらい、とても素晴らしい時間でした。東北楽天ゴールデンイーグルスへ行っても、力になれるように
    精一杯頑張ります。カープファンの皆様、6年半応援ありがとうございました」と述べた。

    スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190702-00000094-spnannex-base


    【【下水流昂と三好匠内】広島カープ 楽天と1対1トレード!】の続きを読む


    2019年のオールスターゲームは、2019年7月に行われる予定の日本プロ野球のオールスターゲーム。 前年に引き続き3年連続でマイナビの特別協賛により、「マイナビオールスターゲーム2019」として開催される。 前年同様2試合の開催。また、全試合DH制を採用。 第1戦 7月12日 東京ドーム
    14キロバイト (415 語) - 2019年6月27日 (木) 08:06



    (出典 img.hmv.co.jp)


    まぁまぁだな..

    1 ひかり ★ :2019/06/27(木) 16:44:21.07

     日本野球機構(NPB)が「オールスターゲーム2019」の選手間投票結果を発表した。

     <セ・リーグ>

     投手 ◎大瀬良大地(広島)

     捕手 ◎梅野隆太郎(阪神)

     一塁手 ロペス(DeNA)

     二塁手 ◎山田哲人(ヤクルト)

     三塁手 高橋周平(中日)

     遊撃手 ◎坂本勇人(巨人)

     外野手 ◎鈴木誠也(広島)、丸佳浩(巨人)、◎筒香嘉智(DeNA)

     <パ・リーグ>

     投手 ◎千賀滉大(ソフトバンク)

     捕手 ◎森友哉(西武)

     一塁手 ◎山川穂高(西武)

     二塁手 ◎浅村栄斗(楽天)

     三塁手 松田宣浩(ソフトバンク)

     遊撃手 ◎今宮健太(ソフトバンク)

     外野手 ◎秋山翔吾(西武)、◎吉田正尚(オリックス)、西川遥輝(日本ハム)

     DH デスパイネ(ソフトバンク)

     ◎印はファン投票とW選出。

     また、監督選抜の結果は7月1日にNPBが発表する。

    スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190627-00000156-spnannex-base


    【【解説】オールスターゲーム2019 選手間投票結果!】の続きを読む


    交流戦最下位の広島 逆境こそチーム改造の好機(写真=共同) - 日本経済新聞
    広島がセ・パ交流戦で4勝12敗1分け(6月24日現在)と負け越した。リーグ半ばの"中間テスト"の意味合いがある交流戦で及第点を取れず、リーグ4連覇に暗雲がたれ込める ...
    (出典:日本経済新聞)


    アレキサンダー・モン・ラミレス・キニョーネス(Alexander Ramón Ramírez Quiñónez, 1974年10月3日 - )は、ベネズエラ出身の元プロ野球選手(外野手)、横浜DeNAベイスターズ監督(第30代)。2019年に日本に帰化した。
    82キロバイト (10,589 語) - 2019年6月17日 (月) 03:13



    (出典 www.sponichi.co.jp)


    カープファイト!

    1 ひかり ★ :2019/06/27(木) 19:10:47.95

     DeNA・ラミレス監督はリーグ戦が再開する28日からの広島3連戦(横浜)へ向け、対戦相手を警戒した。

     交流戦を10勝7敗1分けの4位で終えたDeNAに対し、広島は5勝12敗1分けの最下位と苦戦した。勢いはDeNAにあるようにも思えるが、
    ラミレス監督は「交流戦で調子がよかったセ・リーグの球団はほとんどなかったので、(広島の低迷は)関係ない。調子が悪いと思うのは大きな間違いです」
    と表情を引き締めた。

     今季は広島には3勝6敗と負け越しており、さらにリーグ3連覇中の強敵とあって油断はしない。「逆転の広島です。試合終盤でリードしていても
    どうなるか分からない。それが広島の強みだと思います」。相手の底力を警戒した。

    サンスポ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190627-00000564-sanspo-base


    【【解説】DeNA・ラミレス監督 広島を警戒!】の続きを読む

    このページのトップヘ