The狙い撃ち★広島球団専

このブログは広島東洋カープ球団の情報をまとめたブログです

    カテゴリ: 会沢翼


    會澤 (あいざわ つばさ、1988年4月13日 - )は、茨城県日立市出身のプロ野球選手(捕手)。右投右打。広島東洋カープ所属。 報道などで、苗字を「会沢」と表記する場合もある。 小学校3年生の時に助川野球スポーツ少年団で野球を始め、捕手ひと筋。捕手を始めたきっかけは「誰もやろうとしなかったから
    24キロバイト (2,675 語) - 2019年12月20日 (金) 05:04



    (出典 c799eb2b0cad47596bf7b1e050e83426.cdnext.stream.ne.jp)


    大盤振る舞い!

    1 ひかり ★ :2019/12/20(金) 12:14:42

    広島会沢翼捕手(31)が20日、マツダスタジアム内の球団事務所で契約交渉を行い、3年契約の6億4000万円プラス出来高を結んだ。広島捕手では
    球団史上最高年俸。今季取得したFA権は行使せず、早々に残留を宣言していた。会見であらためて残留の思いを聞かれ「カープが好きなんです。
    それだけです」と答えた。

    今季も正捕手として若い投手陣をリードし、選手会長としてチームを引っ張った。また打撃でも2度のサヨナラ打を放ち、得点圏打率3割5分1厘は
    リーグトップ。勝負強さが光った。15試合で5番を任せられ、初めて規定打席に達した。ただ、チームが4位に終わったことで「個人成績は納得してない。
    チームの成績が成績なので、そこの悔しい思いしかない」と話した。

    侍ジャパンに選出されたプレミア12では決勝でスタメンマスクをかぶり、世界一に貢献。「(東京五輪には)出たいですし、そこは鼻息荒く行きたいと
    思います」。来年開催される東京五輪出場にも期待がふくらむ。

    日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191220-12200237-nksports-base


    【【朗報】会沢翼 年俸で球団史上最高年俸捕手No.1!】の続きを読む


    會澤 (あいざわ つばさ、1988年4月13日 - )は、広島東洋カープに所属するプロ野球選手(捕手)。 報道などで、苗字を「会沢」と表記する場合もある。 茨城県日立市出身。小学校3年生の時に助川野球スポーツ少年団で野球を始め、捕手ひと筋。捕手を始めたきっかけは「誰もやろうとしなかったから」。本
    22キロバイト (2,445 語) - 2019年10月1日 (火) 14:37



    (出典 tsms-affiliate.com)


    FAしてレギュラー争いに負けたら悲惨だしね..

    1 ひかり ★ :2019/10/10(木) 13:31:33.98

      広島の会沢翼捕手(31)が10日、今季取得した国内フリーエージェント(FA)権を行使せず、チームに残留すると発表した。来季から3年契約を結ぶ。

     マツダスタジアムで会見に応じた選手会長は、冒頭で「私、会沢翼はFA権を行使せず広島に残留することにしました」とすがすがしい表情。
    「このチーム、この仲間が好き。佐々岡新監督のもと、来年もチームのために頑張っていきたい」と言い切った。

     会沢については楽天が国内FA権行使を視野に獲得調査に乗り出していたが、プロ13年を過ごした球団とファンに“男気”を見せた格好。
    来季も広島で扇の要としてV奪還に挑む。

     会沢は今季初めて規定打席に到達。打率2割7分7厘、2年連続3度目の2ケタとなる12本塁打をマークし、リーグトップの得点圏打率
    3割5分1厘の勝負強さで、キャリアハイの63打点を積み上げた。今季のサヨナラ打3本はシーズン球団最多タイ記録。5番打者も15試合で
    務めるなど「打てる捕手」として存在感を存分に示した。11月の国際大会「プレミア12」の侍ジャパンにも選出されている。

     ◆会沢 翼(あいざわ・つばさ)1988年4月13日、茨城・日立市生まれ。31歳。水戸短大付高(現水戸啓明)では甲子園出場なし。
    2006年の高校生ドラフト3巡目で広島入団。17、18年にベストナイン。通算704試合、打率2割6分4厘、58本塁打、241打点。
    177センチ、91キロ。右投右打。年俸9200万円。既婚。

    スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191010-00000105-sph-base


    【【カープが好き!】会沢翼 3年契約で残留決意!】の続きを読む


    會澤 (あいざわ つばさ、1988年4月13日 - )は、広島東洋カープに所属するプロ野球選手(捕手)。 報道などで、苗字を「会沢」と表記する場合もある。 茨城県日立市出身。小学校3年生の時に助川野球スポーツ少年団で野球を始め、捕手ひと筋。捕手を始めたきっかけは「誰もやろうとしなかったから」。本
    22キロバイト (2,445 語) - 2019年10月1日 (火) 14:37



    (出典 tabetainjya.com)


    3割じゃ欲しい球団はあるよな..

    1 ひかり ★ :2019/10/05(土) 17:12:53.76

     今季国内フリーエージェント(FA)権を取得した広島・会沢翼捕手(31)が5日、マツダスタジアムを訪れ、球団との残留交渉に臨んだ。
    会沢は「きょうも話をさせていただきました」と、すでに話し合いが複数回に及んでいることを示唆。その上で「球団と話をさせてもらってますし、
    なるべく早く決められたらいい」と、まずは権利を行使するか否か、早急に決断する考えを示した。

     交渉役となった鈴木清明球団本部長(65)は「まだ交渉中。途中経過はお話しできない」とだけ説明。しかし、会沢が国内FA権の取得条件を
    満たした5月の時点で「(残留すれば)これから10年以上、正捕手は安泰。40歳(すぎ)までやってもらいたい」と話すなど、慰留に全力を
    尽くす方針を固めている。広島は昨オフ、丸(現巨人)がFA宣言した際には、宣言残留を容認する方針を打ち出した。

     FA権を行使する場合は、日本シリーズ終了翌日から土、日、祝日を除く7日以内に在籍球団に通知する。「FA宣言選手」として公示された翌日から、
    すべての球団と契約交渉が可能になる。  

    スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191005-00000169-sph-base


    【【解説】会沢翼 どの球団に行く!?FA権行使悩む..】の続きを読む


    會澤翼 (会沢からのリダイレクト)
    會澤 翼(あいざわ つばさ、1988年4月13日 - )は、広島東洋カープに所属するプロ野球選手(捕手)。 報道などで、苗字を「会沢」と表記する場合もある。 茨城県日立市出身。小学校3年生の時に助川野球スポーツ少年団で野球を始め、捕手ひと筋。捕手を始めたきっかけは「誰もやろうとしなかったから」。本格
    22キロバイト (2,492 語) - 2019年2月17日 (日) 14:44



    (出典 tabetainjya.com)


    うーん

    1 ひかり ★ :2019/05/07(火) 21:57:51.38

     広島・鈴木清明球団本部長(65)が7日、国内フリーエージェント(FA)権の資格取得条件を満たした会沢翼捕手(31)が、現役を広島で終えることを熱望した。

     同本部長は中日戦の試合後、ナゴヤドームで取材に応じて「大事な選手。ウチの柱。この年代は優勝に導いてくれた。これからも正捕手としてやってもらいたい。
    (残留すれば)10年以上、正捕手は安泰。40歳(過ぎ)までやってもらいたい」と力説。条件面については「そういうのは今はない」と白紙を強調したが、
    「今はシーズン中なので集中してもらいたいが、時間があれば話をする」と慰留のために全力を尽くす考えを示した。

     会沢はこの日、出場選手登録期間が8年に到達。権利の行使の是非については「シーズン途中なので何も考えてません。今はチームのことで(頭がいっぱい)と
    いうことです」と話すにとどめた。

    スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190507-00000179-sph-base


    【【解説】 会沢翼 球団から40歳までやってと言われる!?】の続きを読む


    會澤翼 (会沢からのリダイレクト)
    )は、広島東洋カープに所属するプロ野球選手(捕手)。 報道などで、苗字を「会沢」と表記する場合もある。 茨城県日立市出身。小学校3年生の時に助川野球スポーツ少年団で野球を始め、捕手ひと筋。捕手を始めたきっかけは「誰もやろうとしなかったから」。本格的に捕手としての楽しさや奥深さを覚えたのは高校の頃だという。日立市立中里中学校では野球
    22キロバイト (2,207 語) - 2019年2月17日 (日) 14:44



    (出典 yakyuu-yomeblog.up.seesaa.net)


    うーん

    1 pathos ★ :2019/03/24(日) 17:49:29.47

     ◆オープン戦 広島-ソフトバンク(24日・マツダスタジアム)

     福岡ソフトバンクのドラフト1位ルーキー甲斐野央(22)=東洋大=が危険球退場した。

     7回から3番手でマウンドに上がり迎えた2死満塁。広島の会沢に投じた5球目、149キロの真っすぐが抜けて、フェースガード付近に直撃した。

     その場でうずくまった会沢を心配そうに見つめながら、頭を下げてベンチに退いた。会沢も自ら歩いてベンチに引き揚げた。

    =2019/03/24 西日本スポーツ=
    https://www.nishinippon.co.jp/nsp/hawks_flash/article/496735/


    【【危機一髪】会沢翼 フェースガード付近に149キロの真っすぐが直撃!】の続きを読む

    このページのトップヘ