The狙い撃ち★広島球団専

このブログは広島東洋カープ球団の情報をまとめたブログです

    カテゴリ: 会沢翼


    會澤翼 (会沢からのリダイレクト)
    會澤 翼(あいざわ つばさ、1988年4月13日 - )は、広島東洋カープに所属するプロ野球選手(捕手)。 報道などで、苗字を「会沢」と表記する場合もある。 茨城県日立市出身。小学校3年生の時に助川野球スポーツ少年団で野球を始め、捕手ひと筋。捕手を始めたきっかけは「誰もやろうとしなかったから」。本格
    22キロバイト (2,492 語) - 2019年2月17日 (日) 14:44



    (出典 tabetainjya.com)


    うーん

    1 ひかり ★ :2019/05/07(火) 21:57:51.38

     広島・鈴木清明球団本部長(65)が7日、国内フリーエージェント(FA)権の資格取得条件を満たした会沢翼捕手(31)が、現役を広島で終えることを熱望した。

     同本部長は中日戦の試合後、ナゴヤドームで取材に応じて「大事な選手。ウチの柱。この年代は優勝に導いてくれた。これからも正捕手としてやってもらいたい。
    (残留すれば)10年以上、正捕手は安泰。40歳(過ぎ)までやってもらいたい」と力説。条件面については「そういうのは今はない」と白紙を強調したが、
    「今はシーズン中なので集中してもらいたいが、時間があれば話をする」と慰留のために全力を尽くす考えを示した。

     会沢はこの日、出場選手登録期間が8年に到達。権利の行使の是非については「シーズン途中なので何も考えてません。今はチームのことで(頭がいっぱい)と
    いうことです」と話すにとどめた。

    スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190507-00000179-sph-base


    【【解説】 会沢翼 球団から40歳までやってと言われる!?】の続きを読む


    會澤翼 (会沢からのリダイレクト)
    )は、広島東洋カープに所属するプロ野球選手(捕手)。 報道などで、苗字を「会沢」と表記する場合もある。 茨城県日立市出身。小学校3年生の時に助川野球スポーツ少年団で野球を始め、捕手ひと筋。捕手を始めたきっかけは「誰もやろうとしなかったから」。本格的に捕手としての楽しさや奥深さを覚えたのは高校の頃だという。日立市立中里中学校では野球
    22キロバイト (2,207 語) - 2019年2月17日 (日) 14:44



    (出典 yakyuu-yomeblog.up.seesaa.net)


    うーん

    1 pathos ★ :2019/03/24(日) 17:49:29.47

     ◆オープン戦 広島-ソフトバンク(24日・マツダスタジアム)

     福岡ソフトバンクのドラフト1位ルーキー甲斐野央(22)=東洋大=が危険球退場した。

     7回から3番手でマウンドに上がり迎えた2死満塁。広島の会沢に投じた5球目、149キロの真っすぐが抜けて、フェースガード付近に直撃した。

     その場でうずくまった会沢を心配そうに見つめながら、頭を下げてベンチに退いた。会沢も自ら歩いてベンチに引き揚げた。

    =2019/03/24 西日本スポーツ=
    https://www.nishinippon.co.jp/nsp/hawks_flash/article/496735/


    【【危機一髪】会沢翼 フェースガード付近に149キロの真っすぐが直撃!】の続きを読む


    會澤翼 (会沢からのリダイレクト)
    會澤 翼(あいざわ つばさ、1988年4月13日 - )は、広島東洋カープに所属するプロ野球選手(捕手)。 報道などで、苗字を「会沢」と表記する場合もある。 茨城県日立市出身。小学校3年生の時に助川野球スポーツ少年団で野球を始め、捕手ひと筋。捕手を始めたきっかけは「誰もやろうとしなかったから」。本格
    21キロバイト (2,169 語) - 2018年12月29日 (土) 01:36



    (出典 c1.staticflickr.com)


    頑張れ

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/01/02(水) 14:26:21.91 ID:CAP_USER9.net

    すっかりチームの顔となった。広島・会沢翼捕手は今季選手会長2年目を迎える。プロ12年目の昨季は106試合に出場し、打率・305、13本塁打、42打点。
    2年連続ベストナインに輝く活躍で、リーグ3連覇に貢献した。11月に行われた日米野球でも、総合力の高さを知らしめた。

    リーグ4連覇を狙う今季はますます重責が増しそうだ。正捕手としてはもちろん攻撃面でもキーマンに名前が挙がる。
    東出打撃コーチは“ポスト丸”の3番候補の1人に指名。
    会沢は主軸抜てきについて「目標にしているが、キャンプ、オープン戦で適正が見極められると思う。
    自分は与えられたポジションを全うすることを考えている。それよりチームが勝つこと」と4連覇へ視線を向けた。

    精神的支柱としても期待が大きい。昨季限りで現役引退した新井氏は「アツ(会沢)の存在が大きかった。
    選手会長として、陰となり、日なたとなり、若い選手を支えている」とグラウンド内外での働きを絶賛していた。
    リーダーシップに優れ、投手と野手の橋渡し役としても、重要な役割を担っている。

    多忙を極めた今オフもマツダスタジアムを練習拠点にして、精力的に汗を流した。ウエートトレーニングの後は必ずバットを握り、素振りを繰り返したという。
    来季への課題には今季・263だった得点圏打率の向上を挙げ、「もうちょっと上げないといけない」とどこまでもどん欲だ。

    年末年始は広島で過ごすという。「年明けに親が来てくれると思う。家族とゆっくりしたいね」。
    1月中旬には恒例の護摩行が待っている。V10を目指す2019年も「打てる捕手」として、頼れる選手会長が若いチームをまとめ上げる。(デイリースポーツ・杉原史恭)

    http://news.livedoor.com/article/detail/15820872/
    2019年1月2日 11時0分 デイリースポーツ

    http://npb.jp/bis/players/31135114.html
    成績


    【【すっかりチームの顔⭐️】広島・会沢翼捕手!】の続きを読む

    このページのトップヘ