The狙い撃ち★広島球団専

このブログは広島東洋カープ球団の情報をまとめたブログです

    カテゴリ: 永川勝浩


    永川 勝浩(ながかわ かつひろ、1980年12月14日 - )は、広島県三次市出身の元プロ野球選手(投手)。右投右打。 三次市立三次中学校時代はバスケットボール部に所属していた。3年間のブランクがあったが高校で再び野球を始める。 広島県新庄高校(同級生にMEG)から亜細亜大学を経て、2002年ドラ
    21キロバイト (2,875 語) - 2019年10月25日 (金) 08:48



    (出典 i.daily.jp)


    コーチ不安..

    1 ひかり ★ :2019/10/28(月) 18:29:34

    V逸した広島が来季組閣にフレッシュな指導者を加えることを決めた。広島は28日、今季限りで現役を引退した永川勝浩氏(38)、赤松真人氏(37)と来季のコーチ契約を結んだことを発表。
    両者の担当を含め、組閣は近日中に発表される。

    永川は現役時代、球団記録となる165セーブを残すなど守護神として数々の修羅場を経験した。「いろいろ会話しながら、勉強しながらやっていこうと思います。コーチになれるのは名誉なこと。
    また強いカープにできるように少しでも力になれれば」。広島には若い投手が多く在籍する。ここ数年は2軍で過ごす日々も長く、若手の取り組み方を見てきただけに「いろんな子たちと会話をしていきたい。
    厳しく、悪いところは悪いと言えるように。いいときは褒めてあげたい。怒るだけではいけないので、上手に話をしながら進めていければ」と
    世代に合わせた指導を目指していく。

    赤松は08年から広島に在籍し、中堅のレギュラー、代走守備固めの切り札として存在感を発揮した。16年オフに発覚した胃がんから復帰したものの、今季限りで現役を引退。永川と同じように選手と
    年齢が近いだけに、対話を重視する兄貴的立場で指導していく心構えでいる。「責任ある職場だと思っているので、だいぶ不安あります。でもやりがいがある。若手、悩んでいる選手をサポートしたい。
    今の選手は(練習から)結果を求めるので、この練習をしたらこの結果が出るというところまで教えてあげないとやらないと思う」。練習メニューの意図から明確にしながら選手に寄り添っていく考えを明*。

    また広島はこの日、今季2軍外野守備走塁コーチを務めた永田利則氏(58)、3軍統括コーチを務めた浅井樹氏(47)と来季のコーチ契約を結ばないことも発表した。

    日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191028-10280464-nksports-base


    【【野球】永川勝浩と赤松真人 来季のコーチ契約を結ぶ!】の続きを読む


    永川 勝浩(ながかわ かつひろ、1980年12月14日 - )は、広島県三次市出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。広島東洋カープ所属。 三次市立三次中学校時代はバスケットボール部に所属していた。3年間のブランクがあったが高校で再び野球を始める。 広島県新庄高校(同級生にMEG)から亜細亜大学を経
    21キロバイト (2,867 語) - 2019年9月23日 (月) 08:16



    (出典 pbs.twimg.com)


    お疲れさまと言いたい!

    1 ひかり ★ :2019/09/23(月) 19:06:10.27

    ◇セ・リーグ 広島4―3中日(2019年9月23日 マツダ)

     球団最多の通算165セーブを挙げ、今季限りでの現役引退を6日に表明した広島の元守護神・永川勝浩投手(38)が23日の中日戦(マツダ)で先発登板。
    大島をオール直球勝負で一ゴロに打ち取って降板し、17年間の現役生活に別れを告げた。

     延長10回に選手会長を務める会沢の今季3度目となるサヨナラ打で劇的な勝利を飾った試合後には引退セレモニーが行われ、「本日はクライマックスシリーズ(出場権)を争う
    大事な時期にこのような試合を用意していただき、誠にありがとうございます」と一言ひとこと噛み締めるように挨拶。

     「17年間という長い間、広島東洋カープ、歴代の監督さん、コーチたち、トレーナーの方々にお世話になりました。僕に関わっていただいたすべての皆さまに感謝します。
    ありがとうございます」と話した後で「そして僕を生んでくれた両親、ずっと一緒にいてくれた家族…」と家族について触れると言葉に詰まって男泣きし、
    スタンドのファンからの声援に励まされて何とか涙声で「ありがとうございます…」と必死に言葉をつないだ。

     「最後に最高の広島ファンと一緒に17年間やれたことを誇りに思い、現役生活を終えようと思います。いろいろありがとございます」。そう話して
    短めの引退スピーチを締めくくった永川はスタンドの四方に頭を下げて感謝。長年バッテリーを組み、決め球のフォークを体を張って止め続けた石原、
    そして妻と2人の愛娘から花束が贈られるとようやく笑みが浮かんだ。

     その後チームメート、家族とともに記念撮影し、仲間たちの手で5度宙に舞うと、場内一周。ベンチに戻ると裏方さんら一人ひとりと惜別の握手をかわしてから
    グラウンドを去った。

    スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190923-00000194-spnannex-base

    (出典 www.sponichi.co.jp)


    (出典 www.sponichi.co.jp)


    【【悲報】永川勝浩 引退スピーチで男泣き!】の続きを読む


    永川 勝浩(ながかわ かつひろ、1980年12月14日 - )は、広島県三次市出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。広島東洋カープ所属。 三次市立三次中学校時代はバスケットボール部に所属していた。3年間のブランクがあったが高校で再び野球を始める。 広島県新庄高校(同級生にMEG)から亜細亜大学を経
    21キロバイト (2,855 語) - 2019年9月6日 (金) 08:11



    (出典 www.home-tv.co.jp)


    現役だったことが一番の驚き!

    1 ひかり ★ :2019/09/06(金) 13:28:36.89

    球団最多セーブの守護神が引退。広島が6日、永川勝浩投手(38)の現役引退を発表した。23日に会見が行われる予定で、
    23日中日戦(マツダスタジアム)を引退試合とすることも発表された。

    永川は02年、亜大から自由獲得枠で地元広島に入団した。1年目から球団新人として最多25セーブを記録し、オールスターゲームにも
    出場した。翌04年は不調もあり先発を経験。再び中継ぎとして14ホールドをマークした05年を経て、06年からは守護神を任せられ、
    07年から3年連続で30セーブを記録した。

    だが、10年以降は度重なるケガに悩まされた。10年4月に右内転筋を痛めると、復帰して間もない6月に再発。長期離脱を余儀なくされた。
    13年は開幕直後に右中指腱鞘炎で戦列離脱。17年は左膝痛の影響から5年ぶり2度目のシーズン1軍登板無しに終わり、同年10月に
    左ひざクリーニング手術を受けた。今季は2軍で18試合に登板し、0勝3敗1セーブ、防御率6・19だった。

    1軍では通算526試合に登板し、38勝42敗、79ホールド、球団最多記録の165セーブ、防御率3・47。

    日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190906-09060358-nksports-base

    (出典 www.nikkansports.com)


    【【悲報】永川勝浩 引退..】の続きを読む

    このページのトップヘ