広島赤松が引退、不屈の闘志で走り続けた現役生活 - 日刊スポーツ
広島が7日、胃がんからの1軍復帰を目指していた赤松真人外野手(37)が今季限りで現役引退することを発表した。赤松は16年12月に胃がんを患っていることを公表し…
(出典:日刊スポーツ)


赤松 真人(あかまつ まさと、1982年9月6日 - )は、広島東洋カープに所属する京都府京都市伏見区出身のプロ野球選手(外野手)。右投右打。 幼稚園児だった頃、地元の少年野球チームに参加していた兄の影響で野球を始める。小学校時代は一塁手以外全てのポジションを守っていた。京都市立藤森中学校時代は歌
31キロバイト (4,129 語) - 2019年9月8日 (日) 05:49



(出典 cdn-ak.f.st-hatena.com)


復帰は厳しかったか・・・


1 ひかり ★ :2019/09/07(土) 13:35:49.20

 広島は7日、赤松真人外野手(37)が今季限りで現役引退することを発表した。

 17年1月に胃がん手術。1軍復帰を目指しながら、3年間で1軍出場は果たせなかった。

 赤松は、08年1月に阪神にFA移籍した新井の人的補償として広島に移籍。代打や守備固めのスペシャリストとして、16年にはチームの25年ぶりの
リーグ優勝に貢献した。

 通算867試合、403安打、21本塁打、144打点。前日の永川に続く連日の引退発表となった。22日の中日戦で引退セレモニーが行われる。

スポニチ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190907-00000129-spnannex-base


【【悲報】赤松真人 胃がんで引退..】の続きを読む