The狙い撃ち★広島球団専

当サイトは広島カープ球団に関する情報を2chやTwitterの声をまとめています。

    カテゴリ: カープ退団、引退選手


    鈴木 誠也(すずき せいや、1994年8月18日 - )は、東京都荒川区出身のプロ野球選手(外野手)。右投右打。広島東洋カープ所属。 妻は元新体操選手でスポーツキャスターの畠山愛理。 小学2年生の時に荒川リトルで野球を始める。中学校時代には荒川シニアに所属していた。
    56キロバイト (6,836 語) - 2020年2月18日 (火) 16:55



    (出典 bb-news.jp)


    反省もなし!

    1 風吹けば名無し :2020/03/03(火) 20:54:16


    (出典 i.imgur.com)


    【【退団を変顔で..】鈴木誠也 寂しがる様子なし..】の続きを読む


    山本 浩二(やまもと こうじ、1946年10月25日 - )は、広島県広島市佐伯区出身の元プロ野球選手(外野手)・監督。本名および旧登録名は「山本 浩司」(1974年まで)。現在日本プロ野球名球会理事長。野球解説者。タレント。血液型はB型。 現役時代は広島東洋カープにおいて長きに渡って活躍した。「
    47キロバイト (6,107 語) - 2020年2月8日 (土) 02:26



    (出典 d2fd87aprw1wk5.cloudfront.net)


    顔色が随分悪いけど..

    1 ひかり ★ :2020/02/07(金) 13:53:29.78

    「巨人春季キャンプ」(7日、宮崎)

     元広島監督で病気療養中だった野球評論家の山本浩二氏が、キャンプ地を訪問。報道陣の取材に応じ、「膀胱がん」と「肺がん」を患っていたことを明かした。
     痩せた様子の山本氏は昨年を振り返り、「2つのがんに侵されていた。(がんで)4回手術をした。自分でも信じられないくらいの1年間だった」と告白。
    がんに関わる手術は4度、それにともない悪くなった気管支なども含めると、計7回行ったという。今はリハビリ中とし、仕事の本格復帰に向けて準備しているとした。

     この日はマスク姿で巨人のキャンプ地に到着後、すぐに室内練習場で阿部2軍監督らと談笑。明るい表情で、丸や亀井の打撃練習を見守った。その後、原監督とも笑顔で握手をかわした。
     公の場に姿を見せるのは昨年4月に巨人戦の中継で解説を務めて以来。昨年7月に東京ドームで行われた「サントリー・ドリームマッチ」も、体調不良のため不参加だった。
     山本氏の病状については、今年1月18日に行われた法大OB会で、盟友の田淵幸一氏が報告。4月にも解説者として復帰する見通しであることを明かしていた。

    デイリースポーツ

    https://www.daily.co.jp/baseball/2020/02/07/0013096826.shtml?pg=2

    (出典 i.daily.jp)



    (出典 www.nikkansports.com)


    (出典 www.nikkansports.com)


    【【悲報】元監督 山本浩二氏 闘病生活していた..】の続きを読む


    永川 勝浩(ながかわ かつひろ、1980年12月14日 - )は、広島県三次市出身の元プロ野球選手(投手)。右投右打。 三次市立三次中学校時代はバスケットボール部に所属していた。3年間のブランクがあったが高校で再び野球を始める。 広島県新庄高校(同級生にMEG)から亜細亜大学を経て、2002年ドラ
    21キロバイト (2,875 語) - 2019年10月25日 (金) 08:48



    (出典 i.daily.jp)


    コーチ不安..

    1 ひかり ★ :2019/10/28(月) 18:29:34

    V逸した広島が来季組閣にフレッシュな指導者を加えることを決めた。広島は28日、今季限りで現役を引退した永川勝浩氏(38)、赤松真人氏(37)と来季のコーチ契約を結んだことを発表。
    両者の担当を含め、組閣は近日中に発表される。

    永川は現役時代、球団記録となる165セーブを残すなど守護神として数々の修羅場を経験した。「いろいろ会話しながら、勉強しながらやっていこうと思います。コーチになれるのは名誉なこと。
    また強いカープにできるように少しでも力になれれば」。広島には若い投手が多く在籍する。ここ数年は2軍で過ごす日々も長く、若手の取り組み方を見てきただけに「いろんな子たちと会話をしていきたい。
    厳しく、悪いところは悪いと言えるように。いいときは褒めてあげたい。怒るだけではいけないので、上手に話をしながら進めていければ」と
    世代に合わせた指導を目指していく。

    赤松は08年から広島に在籍し、中堅のレギュラー、代走守備固めの切り札として存在感を発揮した。16年オフに発覚した胃がんから復帰したものの、今季限りで現役を引退。永川と同じように選手と
    年齢が近いだけに、対話を重視する兄貴的立場で指導していく心構えでいる。「責任ある職場だと思っているので、だいぶ不安あります。でもやりがいがある。若手、悩んでいる選手をサポートしたい。
    今の選手は(練習から)結果を求めるので、この練習をしたらこの結果が出るというところまで教えてあげないとやらないと思う」。練習メニューの意図から明確にしながら選手に寄り添っていく考えを明*。

    また広島はこの日、今季2軍外野守備走塁コーチを務めた永田利則氏(58)、3軍統括コーチを務めた浅井樹氏(47)と来季のコーチ契約を結ばないことも発表した。

    日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191028-10280464-nksports-base


    【【野球】永川勝浩と赤松真人 来季のコーチ契約を結ぶ!】の続きを読む


    永川 勝浩(ながかわ かつひろ、1980年12月14日 - )は、広島県三次市出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。広島東洋カープ所属。 三次市立三次中学校時代はバスケットボール部に所属していた。3年間のブランクがあったが高校で再び野球を始める。 広島県新庄高校(同級生にMEG)から亜細亜大学を経
    21キロバイト (2,867 語) - 2019年9月23日 (月) 08:16



    (出典 pbs.twimg.com)


    お疲れさまと言いたい!

    1 ひかり ★ :2019/09/23(月) 19:06:10.27

    ◇セ・リーグ 広島4―3中日(2019年9月23日 マツダ)

     球団最多の通算165セーブを挙げ、今季限りでの現役引退を6日に表明した広島の元守護神・永川勝浩投手(38)が23日の中日戦(マツダ)で先発登板。
    大島をオール直球勝負で一ゴロに打ち取って降板し、17年間の現役生活に別れを告げた。

     延長10回に選手会長を務める会沢の今季3度目となるサヨナラ打で劇的な勝利を飾った試合後には引退セレモニーが行われ、「本日はクライマックスシリーズ(出場権)を争う
    大事な時期にこのような試合を用意していただき、誠にありがとうございます」と一言ひとこと噛み締めるように挨拶。

     「17年間という長い間、広島東洋カープ、歴代の監督さん、コーチたち、トレーナーの方々にお世話になりました。僕に関わっていただいたすべての皆さまに感謝します。
    ありがとうございます」と話した後で「そして僕を生んでくれた両親、ずっと一緒にいてくれた家族…」と家族について触れると言葉に詰まって男泣きし、
    スタンドのファンからの声援に励まされて何とか涙声で「ありがとうございます…」と必死に言葉をつないだ。

     「最後に最高の広島ファンと一緒に17年間やれたことを誇りに思い、現役生活を終えようと思います。いろいろありがとございます」。そう話して
    短めの引退スピーチを締めくくった永川はスタンドの四方に頭を下げて感謝。長年バッテリーを組み、決め球のフォークを体を張って止め続けた石原、
    そして妻と2人の愛娘から花束が贈られるとようやく笑みが浮かんだ。

     その後チームメート、家族とともに記念撮影し、仲間たちの手で5度宙に舞うと、場内一周。ベンチに戻ると裏方さんら一人ひとりと惜別の握手をかわしてから
    グラウンドを去った。

    スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190923-00000194-spnannex-base

    (出典 www.sponichi.co.jp)


    (出典 www.sponichi.co.jp)


    【【悲報】永川勝浩 引退スピーチで男泣き!】の続きを読む


    サビエル・アレクサンデル・バティスタ(Xavier Alexander Batista、1992年1月18日 - )は、広島東洋カープに所属するドミニカ共和国出身のプロ野球選手(一塁手、外野手)。 2009年にシカゴ・カブスと契約してからマイナーリーグでプレー。しかし、最高でA-級までしか昇格でき
    15キロバイト (1,678 語) - 2019年8月17日 (土) 13:23



    (出典 number.ismcdn.jp)


    アウトだろ..

    1 風吹けば名無し :2019/08/19(月) 15:15:22.58

    クレート通訳がこう証言する。「バティは(日本が)長いから、ドミニカの選手にもよくアドバイスをしているよ」。
    日本生活の浅い後輩たちが日本のルールなどを知らないうちに破っていると「それ、良くない」「それ、日本人好きじゃない」と注意を促しているという。

    二軍降格時に自主的にサンタナと打撃の話をしたり、一、二軍関係なく食事に誘ったりもしている。それには自身の経験が関係しているという。
    2015年の来日時を「練習時間が長くて戸惑った」と振り返る助っ人は「ちょっと(日本では)難しいかもしれない」と感じた経験から積極的に新しい選手と関わり
    「一生懸命にやって。そうしたらうまくいく」と伝え、慣れない異国生活に苦労する後輩を手厚くサポートしているのだ。
    こうした姿勢は日本人選手に対しても同じで、つい先日も磯村から打撃のコツを聞かれ、熱心に答える場面もあった。

    https://www.excite.co.jp/news/article/TokyoSports_1500132/


    【【外国人で..】バティスタ 後輩に日本のルールを叩き込む!】の続きを読む

    このページのトップヘ